2010年03月12日

平野長官と10日会談=沖縄知事(時事通信)

 沖縄県の仲井真弘多知事は10日午後、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設問題をめぐり平野博文官房長官と首相官邸で会談する。
 仲井真知事は、社民、国民新両党が独自の移設案を政府・与党の検討委員会にそれぞれ提示したことを踏まえ、検討委委員長の平野長官に政府の検討状況の報告を求める。同時に、政府が検討しているキャンプ・シュワブ陸上案(同県名護市)は受け入れられないとの立場を伝えるとみられる。 

【関連ニュース】
普天間で頭がいっぱい?=鳩山首相、議場で勉強
国内案に地方組織反発=普天間移設
野党の挑発に乗らない=普天間で再び「覚悟」触れる
移設先検討、与党の理解得る=平野官房長官
報告書、国民の視点に立たず=我部政明琉球大教授

「名に恥じない仕事を」 首相、祖父の墓前で報告(産経新聞)
<5歳児餓死>「夫婦不仲、子に矛先」逮捕の母供述(毎日新聞)
第48期十段戦五番勝負 きょう第1局 (産経新聞)
白、ピンク…サクラソウ満開 板橋区の小学校(産経新聞)
自民、参院香川で新人を追加公認(産経新聞)
posted by ミズタ ワタル at 22:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。